生活団 土曜クラスについて

大阪友の会が70余年にわたり実践してきた幼児生活団の教育を2020年4月より、幼稚園や保育園に通いながら受けられるようになりました。 

子どもの心と身体の独り立ちを応援しつつ、親の子育てを応援する「幼児生活団土曜クラス」は、子どもも親も育てられるもう一つの幼児教育です。 

 

対象年齢    (年少)  2016年4月2日~2017年4月1日生まれ 

定員      10名 定員になり次第締め切ります  (募集締め切り8月末)あと数名受付可

 

期間      1年間の予定 

 

・月1回(第3土曜日)集まります。 10時~1時30分

  2020年度の集合日の予定  

  5月より始めました(集合日は6月より)

  コロナウイルス感染状況から4,5月の集まりは中止

  6/20,7/18,9/19,10/17,11/21,12/19,1/16,2/20,3/21(変更しました)

 

費用について

  入会金        2,000円

  月謝(教材費込み)  3,000円

  昼食代(親子で)    500円

   *尚、集合日に欠席された場合は、教材は郵送いたします。昼食代は返金します。

              半年払いをお願いします。

 

  自分のことが自分でできるように、お友だちと一緒にやってみます。上の組の子どもが教えに来ることもあります。お家でも繰り返し練習できるように「はげみひょう」をもらいます。この日に持ってきた「はげみひょう」もみんなで見合います。

 

お昼ごはんは、幼児生活団の献立から、手作りのあたたかいお食事をみんなでいただきます。 

美術や音楽など、自分を表現する楽しい体験もします。 

 

お家の方は、父母会室でお迎えの時間まで過ごします。(同伴のお子さんは友の家のお庭でも遊べますが、託児はありません。)

 

午前中は衣、食、住などの生活技術を友の会会員からお伝えすることも計画しています。

 

お昼ごはんは、子ども達が食べた献立と同じ物を試食していただきます。作り方もお伝えします。(子どもの量なので、おにぎりなどご持参ください。)

 

午後は羽仁もと子の著作集の中から読書して、子どもへの関わり方などみんなの話を聞き合いたいと思っています。

 

「はげみひょう」についても、お家での取り組み方や工夫を話し合います。クラスの指導者から「はげみひょう」をお家でする時のアドバイスや、今日の子ども達の様子をお話します。 

 

・月1回(第1週目)子ども宛てにお手紙が届きます。

 

  身の回りのことを一つずつ取り上げて、話しかけるような「おてがみ」で伝えます。 

  「やりかた」の絵を見ながら、お母さんやお父さんと一緒にゆっくりやってみます。 

  くりかえし楽しく練習できるように7日分の「はげみひょう」が入っています。 

  ご家庭のペースでじっくり取り組んで、次の集合日に持っていきます。 

 

このような内容ですが、ご家庭と力を合わせて子ども達の成長を見守っていきたいと願っています。 

ご入会をご検討いただければ幸いです。ご質問等、下記までお問合せください。

 

 

*<お問合せ・申し込み先

 

  大阪友の会幼児生活団 土曜クラス 

  〒558-0023  大阪市住吉区4-6-19 

  Email:otomokai@pearl.ocn.ne.jp

  TEL ,FAX    06-6693-0191( 月~金 10時~17時)

  

  問い合わせ(メール)はこちらへ

  申し込みはこちらへ(今年度の申込受付は終了しました)

  

 

9月19日 集まり

9月19日 3回目の集まり

朝のおしたくにも慣れてきて、ずいぶん自分で動けるようになりました。

ごはんを上手に食べる「たのしいごはん」の紙芝居をよく見て考えている様子で、お昼ごはんをいただく時は緊張しながら、「こぼしちゃった。・・・にわとりだ。」と話していました。

豆が苦手な人が多く、苦戦していました。

午後の美術は、「筆を使うよ。」と言うと目がキラキラとして、「描きたい、描きたい!」と前のめりでした。皆で筆を使う時の約束を聞いた後、たくさんある色画用紙を見て、好きな色を選びました。鼻歌を歌いながら描く人や、「お母さんに見せるねん!」とウキウキと描く人、黙々と画面一杯に描いている人、楽しい時間になりました。

 

お食事;チキンピラフ 金時豆の甘煮 フレンチサラダ 味噌汁(豆腐 わかめ ねぎ)

 

今回の保護者の様子をお伝えします。

玄関で分かれて、別室に集まりました。

読書:おさなごを発見せよ「わがままに対する処置」

皆様の感想を聞き合い、その後 子どもの食事のこと、4回食の話をしました。

3日間 子どもの献立記入表を配布。偏りないか○をつけていくものです。(次回持ち寄り)3才~5才子どもの野菜の1日の目安の量を見ていただきました。

7月18日 集まり

7月18日 2回目の集まり

今回は、子どもたちが集まっている間に母達は、”おさなごを発見せよ”の「家庭教育の基礎」 良い習慣のことを読書し感想を聞き合いました。また、生活リズムの話も体内のメカニズムを加味して少し詳しく伝え、話し合いました。 5才組の子どもたちは、手ぬぐいしぼりを教えてくれました。午後からは粘土あそび。3密、消毒に気を配り過ごしました。 

お食事;ご飯 鮭の焼き漬け・さつまいもの甘煮・青菜のごま和え・味噌汁(わかめ キャベツ 油揚げ)

6月20日 はじめての集まり

6月20日 土曜クラスのお友だちが初めて集まりました。

お家で励んできた励み表を見あったり、パンツの裏返しの直しかたを実際にやってみました。

5才組の人が、くつはきを教えに来てくれて、上手にはけたか見てもらいました。

「脱いだくつも、ぴったり揃えて置いてるの」と教えてくれました。

卒業生のお母さんが作ってくれたお昼ごはんを皆で頂きました。

全員残さないで全部食べて、おかわりも頂きました。

献立は、変わりミートローフ、フライドポテト、ブロッコリー、豆腐とわかめのすまし汁。

午後は大きな紙に色あそびをしました。

両手にポスターカラーをつけて、どんどんスタンピング。

思いきり楽しんだ後、体を動かして遊びました。

心も体も、すっかり開放された初めての土曜クラスの集まりでした。

                ●ホームへ●