●ホームへ●

子ども用マスクを沢山作りました  古市方面

最寄の会員から、””夫の診療所に置いておく子ども用マスクを作っていただけたら”と頼まれました。子どもが好きな柄にしたいと生地を選び、手分けしてたくさん作りお渡しました。(古市方面羽曳が丘最寄)

ステイホーム中に作った作品を紹介します。 住吉方面

Jさんが「カップ」と「小花」の図案で刺繍の布巾を作りました。合計20枚できたそうです。一部を紹介します。 

「みんなでまたわぁわぁ言いながら、針を持つのはいつになるかしら?その日が待ち遠しいです。図案・刺し方が欲しい方はどうぞ!」とのことです。

 


かばんはTさん

 

 

みなさんも作品の写真を送ってくださいね!!⇒友愛セール係より


人参の美味しい季節 ジャムを作ってみませんか? 生活部より

 

人参が甘くて美味しい季節です。

子どもにも人気のジャムを作ってみてはいかがでしょうか?

 

レシピは基礎講習(2019年度までの土曜講習)より

ステイホーム中 みんな笑顔で イラストでちょっと一息

コロナ対策に免疫力を高めるために ”野菜は重要です”金剛長野方面便りから

「コロナ対策に免疫力を高めるためには、栄養バランスが第一ですが、特に野菜は重要で1日に350g以上。その内青菜 60g以上、 青菜以外の緑黄色野菜60g以上です。

食事記録 が出来ない方も、一日の、あるいは気が向いた時 の一食でもよいですからこれで何グラムくらい かな?と考えてみましょう!

今月いっぱい、心がけ、ついでにメモしましょう!」

花みずき最寄リーダーで管理栄養士のHさんから

 

へちまの栽培  せんなんニュース (泉南方面)  NO8 2020年5月7日より

「いよいよヘチマの発芽、双葉、本葉がでてと ワクワクしてきます。」

 

アクリルたわしに代わるエコたわしとしてへちまが見直されています。

会員も使い勝手がよいと好評で、今年は家で栽培する人も増えています。

コロナウイルスに負けず、プラスチックフリーの生活を!!

GWに入りましたが、収束に向かっているとは言い切れない状況が続いています。その中でも、友の会では、プラスチックフリーを目指した生活をしていきたいと、ラインなどで声かけあっています。その活動のひとつ、食器等のたわしのこと。アクリルたわしに替わるエコたわし(自然の素材 綿と麻の段違いや綿麻の 混じり糸など)を 編んでいます。 どのようなものが使いやすいか、 丈夫なのか、まだまだ研究中です。写真は学研都市と京阪方面より

在宅の日々、子どもも担当があります

父はテレワークで在宅。子どもたちもそれぞれの役目を担って頑張ってくれています…学研都市のTさんから写真が届きました。

朝いちモップは(NHKの番組でスーパー主婦として活躍している友の会会員の)山崎美津江さんから提案されたこと。以前、大阪の講習会でも勧めてくださり、広まりました。続けている人もあり、挫折している人もあります。この写真で、また広まりますように。

 

4月30日、ラインで中央方面係会

福島最寄の報告から。一昨年から住Gで学んだことや井田さんの講習会で刺激を受けたことなど何でもすぐに実行。今 巣ごもり状態の時に、家の中を整理整頓して気持ちよく生活できたらと希います。(方面リーダー)

福島最寄では2019年度の生活勉強として「住」について取り組む。各自が目標や予定を付箋に書き込んで毎月の最寄会時に貼りつけていき、次月の最寄り会で実行状況を聞き合うようにして各自の住の課題に取り組んでいきました。その中で、N,K,2人の実践の様子をご紹介します。

〇住の勉強                    N(60代・夫と2人暮らし)                      

私も冷蔵庫の中を整理しようとビフォー、アフターの写真を撮り、みんなにみてもらいました。物を入れすぎてどこに何があるかわからない状態だったのでひと目でわかるように整理しやすいようにケースを置きました。物を詰め込み過ぎず「整理」、「整頓」を心がけようと思いました。(実例①)

台所のシンク回りも物を置き過ぎずすっきり片付けて清潔に保ちたいと思いました。シンクやコンロ回りの物がないとすっきりし、掃除しやすいです。取り出しやすいように収納し毎日の食事作り頑張りたいです(実例②)

「 自宅をリフォームして 」K 

昨年の令和元年11月、30年経った自宅のマンションのリフォーム 

*玄関です。床から天井までの引き戸にして、ハンカチ、マスク、エコバッグ、など、お出かけグッズをまとめて分かりやすく収納。またその横にコートやジャケットをかけておく、ハンガーラックを造り付けることにより、お出かけの時にバタバタしなくなりました。

*キッチンはキッチンパネルに高さ40㎝、幅100㎝の収納棚を付け、調味料入れにしました。容器はすべて100均で購入、テプラで表示。目で見えることによって、賞味期限切れがなくなり、また買い置きすることもなくなりました。

*ミシンのコーナーを作りました。コロナ感染防止のため、家で手作りの時間を。お世話になった方へ贈るために、マスクを少しずつ作っています。

       

衣替えの時期です 衣服カードやノートを作ってみませんか

イラストや写真で衣服ノートを作っています。衣服だけでなく靴も、カードにして管理している人もいます。北摂方面では土曜の会の集まりで1年かけて少しずつ写真を撮って、まとめました。この機会にまた更新しておきたいとの声も挙がっています。一部の人の衣服ノートです。

手作りマスクの輪が広がっています

ZOOM合同最寄会で最寄の人が手作りマスクを作っている話に刺激を受けて、作ってみたそうです。「夫が4才の子どもと遊んでくれている間に作りました。(医療従事者の)姉へのプレゼントにしたいのです。」とラインで写真が届きました。(北摂方面)

自由学園 渡辺憲司最高学部長「休校中 今こそやさしさを」『毎日新聞』のオピニオン欄より

 皆さんと共有したい内容です。

渡辺憲司先生が、前職の立教新座中学・高校長を勤められていた20113月、東日本大震災により中止となった同高校の卒業式に生徒たちに贈ったメッセージが話題になっています。 

さまざまな思いを経て未来に継いで行くことの大切さを語られています。

外出を控えている日々、このようなものを作っています

 

手作りマスク 

作って家族に。また、沢山作って施設にプレゼントという人もいます。

写真は飲食店経営の友人がお客さんにマスクを渡したいので作ってほしいと言われ、かわいいマスクができました。(天王寺方面)

 

食器用タワシとして

友の会では、プラスチックフリーを目指して、アクリルタワシやスポンジではなく自然の素材のタワシを使いたいと思っています。写真はジュートたわし中細糸で編んだそうです。手になじみやすく使いやすくコシがあってお茶碗の汚れがよく取れ気に入っている、乾きが少々悪いので交換しながら使っているそうです。(天王寺)

 

                  ●ホームへ●